スノボツアーアーはバス利用が多い理由

スノボツアーは、バスを利用する人が多いです。なぜなら、旅行会社の方でバスツアーを多めに組んでいるからです。そもそもなぜ新幹線や特急列車などがあるのにバスのスノボツアーが多くなるかといえば、バスが一番交通費が安いからです。例えば新幹線で往復する料金のおよそ半分か3分の1程度の金額で往復することができるようになります。スノボは10代後半から20代前半の参加者が多いため、大学生や専門学校生・新社会人が中心になりますので、それほどお金を持っていない傾向があります。そのため、新幹線や飛行機、特急列車などでツアーを組むよりも料金が安くなるバスでツアーを組んだ方が自動的に参加者が多くなるでしょう。

ツアーに参加するときの基礎知識

バスを利用したスノボツアーに参加する場合は、主に高速道路を走ります。酔い止めが必要な人は事前に購入しておくべきです。トイレ休憩は途中で一回から2回ありますので、バスの中にトイレが付いていないタイプであっても問題ないでしょう。移動中は、バスの中で眠る人が多いです。特に帰りのバスは疲れているため、行きのバスよりも寝ている人の割合が高くなります。この時に、椅子を倒して眠ることになりますが、首が痛くなることがあるため、簡易型の枕を利用してもよいでしょう。深夜に出発するタイプであれば、行きのバスの中で眠ることになります。基本的に4列シートですので、横に体を動かすことができません。通常のバスで1時間程度眠るのではなく、ぐっすり眠るためには、お酒などを飲んでから乗車してもよいでしょう。

スノボツアーとは、移動手段やスキー場の使用料やリフト券などが含まれている、旅行会社のツアーのことです。安くて便利なので人気が高いです。