車検とカスタムの関係性

車をカスタムするのが趣味の方も多いですよね。日本のカスタム文化は独自の発展をとげ、様々なカスタムパーツが販売されています。純正のまま乗る方法もアリですが、カスタムすることで愛車をより個性的に演出できるのです。しかし、そんなカスタムも、度が過ぎて問題になる場合があります。それがまさに車検です。車検に引っかからないためには、各項目の審査基準に合格しなければなりません。したがって、車検に適合していないパーツを装着した車は注意が必要なのです。

マフラーの音量も注意ポイント

続いてはカスタムマフラーの注意点です。カスタムマフラーは車の性能をアップさせ、加速音をより魅力的な音に変えることができます。しかし、マフラー音の基準はしっかり決まっており、それ以上の数値になると車検を通すどころか、違法改造車として扱われてしまうのです。したがって、自分のマフラーが車検適合数値なのかを、あらかじめしっかりチェックしておいてくださいね。

窓のブラックフィルムもポイントになる

そして、ウィンドウに張るブラックフィルムも間違えやすいポイントです。ブラックフィルムは紫外線をカットできる便利アイテムですが、透過性のレベルによっては違法改造になり、車検に通らない場合があります。また、どのウィンドウに貼るかによっても変わるのです。

以上のように、日頃から車のカスタムを多くしている方は、車検に引っかかるパーツがどれかを把握しておく必要があります。カスタムを楽しむためにも、しっかり勉強しておきましょう。

エネオスで車検のおすすめは、1日車検です。朝預ければ、夕方には出来上がるのはすごく便利です。もちろん代車もあるので、安心です。