マフラーをカスタムしている時の注意点

カスタムバイクと言えば、最も改造している可能性が高いのが「マフラー」ではないでしょうか。マフラーをいじることは、ある意味カスタムバイクの基本です。それぐらい、メジャーな改造部分だと言えるでしょう。マフラーの車検で注意しなければならないのが、騒音です。騒音の基準は昔と比べて厳しくなっているので、最新の情報を確認する必要があります。もし明らかに騒音がうるさいと感じる場合は、ノーマルのマフラーに戻しておいた方が無難だと言えるでしょう。

シングルシートや反射板の車検の注意点

カスタムバイクを車検に出す時には、シートと反射板もチェックしておく必要があります。まずシートについてですが、車検証の乗車定員と合致させる必要があります。本来定員が2名なのに、1名分のシートに改造している場合、車検が通りません。この時は事前に改造申請を行い、乗車定員の方を変更する方法もあります。続いて反射板については、当然のことながら設置が義務付けられています。そもそも反射板は、後続車に自分のバイクの存在を知らせるものです。車検の時に付いていないとNGなので、忘れずに戻しておきましょう。

ウインカーやブレーキランプの注意点

ウインカーやブレーキランプも、車検時には注意が必要です。まずウインカーで押さえておきたいのが、色と点滅スピードです。ウインカーの色はオレンジ色以外はNGとなっています。もしカスタムしている場合は、オレンジ色の電球に交換しておきましょう。またブレーキランプは小型のものが人気を集めていますが、小さすぎると車検が通りません。車検に出す前に、純正のものに戻しておくことが大切です。

バイクのカスタムでは、外装やホイールなどを交換してドレスアップが可能なため、オリジナル性を持たせたい場合に最適です。